歯医者の選び方は慎重に行いたいものです-その3選

歯医者は交通の便と営業時間を優先

歯の治療は一日で終わることはまずありません。最も多いむし歯の治療などは、むし歯を抜いた後も神経の処置を行うために、日を改めて通い続けなければなりません。そのために、自宅から遠いところにある歯医者や、通勤のコースから外れた場所にある歯医者では簡単に通院できなくなります。また、曜日や営業時間も確認が必要で、サラリーマンであれば土日の休みに治療ができれば会社の勤務に影響がありません。そのような事も含めて選ぶことです。

歯医者は電話の応対で確認をすることです

歯医者はドクターの技術力が大いに問われる職業です。しかし、医者ひとりで治療を行うものではありません。ドクターが肝心な箇所を治療しますが、その他の処置はスタッフが行います。これは受付の事務から治療終了までの流れが出来ているのです。予約制で受け付けていますが、時間に行っても待たされるようでは、予約の意味がありません。歯医者を選ぶ時には、あらかじめ電話帳などで数件に電話をして、受付の対応を確認して決めることです。

大きな看板で決めないことです

サラリーマンの通勤客を見込んで地下鉄や電車の各駅に、歯医者の看板が掲げられています。むし歯が痛み出すと、良く調べもしないで看板を見て飛び込むものです。現代は歯医者の数は、コンビニエンスよりも多いといいます。歯医者も過当競争が起きており、大都市では飽和状況となっています。大きな看板なので安心というものではありません。知り合いに聞いてみると、小さな看板だが優秀な歯医者ということもあります。ホームページなどで良く調べて決めることが大切です。

虫歯などを治療するときに痛みを感じるのが怖いという人は、無痛治療を行ってくれる恵比寿の歯医者で治療を受ければ安心です。

You Might Also Like